エラ削りの整形をしたといわれている芸能人を見かけました

田舎で暮らしてたため、美容には疎かったです

田舎で暮らしてたため、美容には疎かったです / 外見もだけど、内面も磨かなければと思いました

自然に囲まれたのんびりとしたところに住んでいますが、空気が綺麗で食べ物もおいしいので、地元を誇りに思っています。
ただ雑誌に掲載されているような飲食店に行きたい、お洒落な洋服を買いたいと思っても、そういうお店がありません。
そのため週末になると車で1時間ほど走らせて大きなショッピングモールに向かいます。
そこではお洒落な人が多いのでファッションの参考にもなるし、都会の風に触れることによって自分も少し洗練されたような気持ちを味わうことができます。
モデルや芸能人でもない素人なのに、さいきんはすごくかわいい子が増えたという印象を持ちます。
正統派の上品な雰囲気の洋服やメイクがさいきんは流行っているようで、見ていて真似をしたいと感じることが多いです。
ただこの前、ショッピングモールにあるカフェに入ったときに、周囲がざわざわしていることに気付きました。
見ると、カフェの奥にあるテーブルに、見るからにオーラがすごい綺麗な女性が座っていました。
あまり芸能界に詳しくない自分でも知っている女優で、一時、エラ削りをした整形美女だと言われたことがある人でした。
しかし実際に見てみるとエラどころが顔が握りこぶしくらいの大きさがなく、身体もほっそりとしていて吹けば飛んでしまうのではないかというほどでした。
髪の毛も艶があって、おそらくメイクもうっすらとしかしていないのに透き通るような綺麗な肌をしていました。
エラ削りをしたといわれていたことを知っていたので、顔を見てみましたが整形をしたような痕跡は全く見受けられませんでした。
遠くから見てもこれだけすごいオーラがあるというのは、やはり女優というのは同じ人間とは思えない生き物だと感じました。

エラ削りの整形をしたといわれている芸能人はとても美しかった

テレビドラマや映画を見ることが大好きで、10代の頃から夢中になって見ていました。
特に恋愛物やサスペンス物が大好きで、大人になってからも毎日1本はドラマを欠かさずに見ています。
そのため10代前半から活躍している女優や俳優を見ていると、その成長過程を知ることができるので、応援したいような気持ちになります。
10代の頃から20代にかけての成長は目覚ましく、顔立ちが劇的に変わってしまう女の子もいますし、背が低い男の子がいきなり180㎝を越える高身長になることもあるので、成長ってすごいと実感しています。
先日もテレビを見ていたら、10代前半から活躍していた女の子が、今では20代半ばになって恋愛ドラマに出演していました。
10代の頃は学生服を着るような生徒役ばかりを演じていたのに、20代になってからは恋愛ドラマの主人公を演じるほどになっていました。
演技もかなり上達していましたし、仕草も女性らしさが出ていました。
ただ少し顔だちが変わったような気がして、ダイエットをして痩せたのだろうと思っていました。
しかしインターネットでは、その女優のことをエラ削りの整形をしたとして決めつけるような書き込みが沢山見受けられてびっくりしました。
10代から20代の変化は親でも驚くほどだと言いますし、痩せたことによって顔の筋肉が落ちたことによって顔だちが変わったのではないかと考えました。
別に整形をしていても、今では全くおかしいことではありませんし、韓国では綺麗になるためなら親が整形費用を出すことがあると聞きました。
美を過剰に期待することはいかがなことかと感じますが、それでも美しいほうが醜いよりも良いと考えるのは当然です。
現実的にも美しいことの方が魅力的だと評されるので、女優のように人前に美しさを発揮する仕事であれば、整形をすることを選ぶのも変なことではありません。
インターネットでは、エラ削りをする前と後の写真を比較して掲載していましたが、それも同じ角度から撮影した写真ではありませんし、背景や髪型によっても顔の印象が変わるので信憑性が低いと感じました。
ただエラ削りという整形について興味を持ち、少し調べてみることにしました。
出っ張った骨を削るので、かなり痛いのではないか、跡が残るのではないかと思っていましたが、骨は削るときにも痛みがないということを知って驚きました。
それにエラ削りをするときは、外からメスを入れるのではなく、口の中から施術をするということで跡が目立たないと言うことも知りました。
自分で予想していた施術方法とは全く違ったので、整形技術がかなり進んでいることに驚きました。
その他にも、目や鼻など、さらに技術が進んでいて日帰り手術も可能になっていることや、今では気軽にメイクをするように手術が受けられるということに、時代の変化を感じました。
今までは痛いし、怖いというイメージがありましたが、全くイメージが正反対になり、自分も機会があれば手術を受けたいと感じるほどになりました。
その後、久しぶりに大学の友人と会うために上京したところ、待ち合わせをしていた場所の近くでドラマ撮影をしているところに偶然出会いました。
覗いてみると、エラ削りをしたといわれている女優が演技をしているところでした。
遠くから見ても背筋がまっすぐで、折れそうなほど細くて頭の大きさも小さいので驚きました。
大学や会社でも、すごく可愛い女性や綺麗な女性は沢山いましたが、芸能人の美しさはやはり一味も二味も違うと感じることオーラがありました。
今まで身近で芸能人を見たことがなかったこともあり、芸能人の一般人とは違う迫力に圧倒され、ますます応援したいという気持ちになりました。